SRC総合支援センター

ヘルプh| 連絡先

GSCトップ掲示板等身大ゲームデータ掲示板


【7014】RPGツクール4 第1稿

名前
 ツカバーク
投稿日時
 - 2017年03月04日(土) 15時17分 -
設定
引用なし
パスワード
[添付]〜添付ファイル〜
RPGT04data.zip ファイルサイズ: 14.3KB
どうも、ツカバークです。
今回は2000年にプレイステーションで発売された「RPGツクール4」収録のサンプルゲーム、
「Rappin’MAGIC −銀の森と銀のアクマ−」のデータです。
何気に等身大ゲーム作品での新規データは本作が初めてだったり。


○コンセプト解説○
サンプルゲーム自体は1時間足らずでクリアできるほど短いので、形態数は1つのみ。
また、他のツクールシリーズのデータとは違い、SP55枠が一人もいないのも特徴となっています。
敵味方とも、スペシャルパワーはレベル20前後ですべて習得する形に。
中盤以降も臨機応変に対応できるよう、味方ユニットには武器クラスを設けています。
ちなみに本作の戦闘はサイドビューなので、FFシリーズ寄りに武装フォーマットを調整してます。


○味方ユニットについて○

●クレスト
高HP+低装甲の耐久寄りな近接ユニット。
同ツクールシリーズのデータでは、ライネスに近い形のコンセプトとなります。
ただし、原作では盾系のアイテムが存在してしないので、シールドは持ちません。
鬼斬りとソードオブゴット封印が最序盤、鬼斬り解禁後が序盤〜中盤、
ソードオブゴット解禁後が終盤想定となります。

●カイン
スペック的にはクレストとどっこいどっこいな感じに。
原作では複数回の攻撃が可能な武器を、両手に装備できるのが大きな売りなので、
二刀流・鬼斬り二刀流の連属性でそれぞれ表現。
また、初期パーティメンバーではあるものの、ナナと入れ替わりに離脱してしまうので、
運用想定はスポット参戦に近いですが、シナリオによっては通常参戦も十分ありうる範囲でしょう。
鬼斬り二刀流封印が序盤、解禁後が中盤以降想定となります。

●ナナ
ツクールシリーズのデータでは、数少ない回復重視のサポート枠です。
回復アビリティによるサポートに優れる分、能力の低さとSPの微妙さで割を食わせています。
キャットパンチ・ヒールボディー2・ヒールALL封印が最序盤、キャットパンチ解禁後が序盤、
ヒールボディー2解禁後が中盤、ヒールALL解禁後が終盤想定となります。

●バニラ
状態異常による搦め手もそこそここなせる砲台ユニット。
同時参戦のブラウニーと比べ、売りになる部分が少ないので、
初期習得の職業特性である魔法効果2倍を攻撃力の増加で再現する形に。
攻撃と搦め手も使い分けられる分、最大ENとキャラクターの技量は低めです。
スリープドロー、ファイアウォール、アイスバーン、サンダーバースト封印が序盤、
解禁後が中盤以降想定となります。

●ブラウニー
シンプルな火力砲台ユニット。
複合魔法各種と召喚魔法を状況に応じて使い分ける形のデータとなっています。
原作では特殊コマンドの連続魔法で、2連続で魔法を唱えることができるのが大きな売りだったので、
こちらはSPの覚醒で再現しました。
また、職業特性のMP消費量1/4は、元々の魔法消費MPが低く、
設定されたパラメーターがそのまま増加値になる本作の仕様上、あまり意味が無いのでオミットしてます。
素の火力はクレストよりも上ですが、熱血を覚えないので最大火力で劣ります。
オーディン、バハムート封印が序盤〜中盤、解禁後が終盤想定となります。


○敵ユニットについて○

●ラバーソウル
原作でのラスボスですが、データの立ち位置としては中ボスでの使用も想定してます。
データとしては眠属性の無消費武装と、2種類の告属性武装が特徴でしょうか。
また、ヌーディティは低下系の補助魔法が存在しない上、有効に使えていないのでオミットしています。

●魔法使い&召喚術師
原作では防御力が非常に高く、武器攻撃ではまったくダメージを与えられないという仕様は、
高レベルのレジストで表現しています。
原作では複数回攻撃可能な武器を装備しており、運が良ければクレストとカインだけで倒すことも可能ですが、
基本的にファルミア・だんきち・ポール・ブラウニー親子といった、
魔法攻撃メインのユニットが、通常参戦していることを前提にデータを組んでいます。
また、通常攻撃の耐性以外はあまり大きな売りが無いので、ボスユニットにしては弱めです。


○その他のデータについて○
ザコ敵はゴール地点のみに登場する、スノーデーモンのみデータ化。
アイテムも原作での重要アイテムだった、スノーハーブのみをデータ化する形に。
スライムやインプなどのザコ敵、スノーハーブ以外のアイテムは他作品から流用することを想定しています。


○共闘対象について○
前作の3と同様、同ツクールシリーズ作品や中世ファンタジー作品全般を想定しています。
戦闘システム的に、DQシリーズよりはFFシリーズ辺りが共闘対象に合うかなと。


最新のデータは添付しているファイルと下記のリンクから、
テストシナリオは同じく下記のリンク先かデータシナリオ保管庫からそれぞれ落としてください。
比較用にRPGツクール1〜3、敵・アイテム用に汎用ファンタジー系のデータを入れてあります。


全データはこちら:http://tukabark.tuzikaze.com/src/data/rpgt04-data.html

テストシナリオはこちら:http://www.gsc.ne.jp/cgi-bin/upload_datatest/upload.php


それでは、ご意見をお待ちしています。

178 hits



214 / 7116 ←次へ前へ→

ページ:

記事番号:

620,428

(SS)C-BOARD v3.8 is Free

ページトップへt


SRC総合支援センター